Theme-1

ヤミ金にご注意

今でこそ減りましたが、ひところはヤミ金の取り立てが常軌を逸していて凄かったですよね。やくざ風の怖い人たちが夜となく昼となく押しかけられて、そこに住んでいられなくて夜逃げをしたり、一家離散に追い込まれたりという悲惨な状況がテレビを賑わしていました。

今は法律で守られていて、暴利をむさぼる悪徳金融業者の話はほとんど聞かれなくなりました。大手のローン会社や、銀行まで参入していますから、昔と比べたら嘘のように安心してキャッシングができます。しかし、安心していては怖いですよ。油断は禁物です。

ヤミ金とは、無登録で営業をしていたり、出資法で決められた以上の、不法な金利を請求する怖い金融業者です。今でも少なからずいますから、そんな悪徳ヤミ金からお金を借りたら大変なことになります。

「そんなところから借りない」と思っていても、ダイレクトメールや電話を使って言葉巧みに金利が安いなどと言って信用させるのですから安心できません。「ウチは金利高いよ。」なんて絶対言ってきません。そして結局高金利で貸し付けて、返済が滞ったりすれば職場や家に押しかけて恐怖の取り立てをするのです。

ヤミ金の手口は、法外な利息で貸し付ける「小口金融」とか、クレジットカードを利用した「買取屋」と言われる手口とか、借り入れを依頼した人に保証金他わけのわからないお金を振り込ませる「融資詐欺」などがあります。しかし手口はこればかりでなく、「整理屋

などというのがあります。これは多重債務に苦しんでいる人に「債務を解決してあげます」などと嘘を言って手付金をだまし取る手口です。

このような法外なお金を取り立てるヤミ金業者に引っかかってしまったら、一刻も早く警察に相談することをお勧めします。専門家とか警察ではないと、個人の力で解決しようとしても無理の場合が多いです。ヤミ金融だけには引っかからないようにしてください。

PR

ページのトップへ戻る